×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅街に近いビルのテナント工事。入り口のドアはチークの無垢材を贅沢に使用。杉や竹などで全体に落ち着いた雰囲気に。

お酒は
各地の日本酒、焼酎など

(C)Tetuya Furukawa 2008

客席の様子

物販もある

内装は「花梨のフローリング」というのがキーワード。花梨は赤味のある素材なので、白い壁にしてメリハリをつけたり、茶や黒など
濃い色をポイントに配することで、全体に締まった印象を計画する。照明は演色性の高いハロゲン球を中心に配灯。

Topに戻る